はじめての方

ものづくりセンターの設備・機材の利用には、下記の方法があります。

  • 自分で利用・加工したい(施設利用)
    安全講習の受講が必要です。修了すると加工講習の受講、設備・機材の利用および技術相談が可能になります。
  • 相談したい(技術相談)
    作りたいもの・技術的なことについて、経験豊かな指導員が素材の選定、図面の指導、加工方法の提案など、技術的なサポートをします。
  • 加工をお願いしたい(加工委託)
    研究活動にて必要な装置、治具類の加工委託の相談も行っています。
    ものづくりセンターの基本方針は、自己加工となりますが加工の難易度などを勘案し受託しています。

センターでは、設備機材を使用した加工サンプルを展示しています。

※現在、学内のみのサービスとなっております。
 将来的に学外の方もご利用いただけるよう計画しております。

利用講習

利用講習の受講から、設備・機材の利用まで

  1. ものづくりセンターの利用には、利用する機器やサービスにあわせて講習の受講が必要です。
    講習は、UNIPAから申し込めます。
    学生生活全般に関するお知らせ」に情報が表示されます。
     ※教職員の受講希望者は、メールにてお問い合わせください。
  2. 利用する機器によっては、作業着・安全靴の用意をする必要があります。
    ※センターでの貸出は行っておりません。
  3. 設備機材の利用は、事前予約が優先となります。
    設備が空いている場合は、センター受付にて予約無しで利用を申し込みすることも可能です。
    ※予約状況の確認はこちら
    ※利用予約は、オンラインにて受付しています。
  4. 使用する消耗品や材料は実費です。

・用意するもの

  1. 作業着
    上下セパレートタイプのもの。※つなぎタイプは禁止。
    綿100% または、難燃素材のもの。※ポリエステル100%は禁止。
  2. 安全靴
    JIS規格:普通作業用(S種)
    JSAA規格:プロテクティブスニーカー(A種)

1、安全講習(オンライン / 座学)

ものづくりセンターの機材・設備・技術相談を利用するために、初めに受講します。

安全衛生の基本・作業の進め方等、リスクアセスメント(w-sdsなど)を学習します。
修了後は、2F:電気・組立スペース等の利用および技術相談が可能になります。

  • 講習時間: 1時間55分(オンライン見学会を含む)
  • 講習形態: Zoomを利用したオンライン講習
  • 受講定員: 100名
  • 対  象: 本学所属の全学部生、大学院生および教職員

2、加工講習

安全講習の受講・修了の後、受講できます。
加工講習を修了すると、受講内容に応じた機材・スペースの利用が可能になります。

加工講習(木工・入門)

修了すると、2F:木工スペースの利用が可能になります。

木工スペース
木工機械(パネルソー、糸鋸、丸鋸等)の操作学習

※実際の機器に触れながらの講習会のため、少人数での実施となります。

  • 講習時間: 1時間30分
  • 講習形態: 対面
  • 受講定員: 6名
  • 対  象: 安全講習修了者
加工講習(金属加工・入門)

修了すると、1F:金属加工スペース等の利用および加工委託が可能になります。

金属加工スペース
金属加工スペースの機器(旋盤、フライス盤)の操作学習

※実際の機器に触れながらの講習会のため、少人数での実施となります。

  • 講習時間: 3時間30分
  • 講習形態: 対面
  • 受講定員: 4名
  • 対  象: 安全講習修了者

技術相談

経験豊かな指導員が「ものづくり」をバックアップします。
趣味、研究活動にかかわらず、こんなものを作りたいに対する技術的な相談を行っています。

対面の技術相談および、Zoomによるオンライン技術相談が選択できます。

  • 所属キャンパスに関係なく、理工学部・理工学研究科所属の学生もサービスの利用ができます。
  • 対面技術相談は、新型コロナ感染拡大防止の対策を充分にとって実施しています。

申し込み方法

技術相談・申し込みフォームからお申し込みください。

  • 場所:対面/オンライン
  • 条件:相談内容にあわせた個別の加工講習修了者のみ
    安全講習修了者 ※コロナ禍で受講が難しい状況を鑑み、一時的に条件を緩和しています。

加工委託

研究活動をすすめる上で、学生自身が行うには難しい加工や、最先端の工作機械を使用した加工を委託することができます。
機械系の学科でなくとも、ちょっとした実験用治具を製作したいなど、まずは技術相談を申し込んでみて下さい。

  • 条件:委託内容にあわせた個別の加工講習修了者のみ
    安全講習修了者 ※コロナ禍で受講が難しい状況を鑑み、一時的に条件を緩和しています。

研究を目的として加工委託を行う際には、指導教員からの要望書を提出する必要があります。
下記テンプレートに必要事項を記入し、指導教員からものづくりセンターに提出してください。

  • 加工委託の納期は、技術員の配置時間(センター開館時間内)での作業が基本となります。
  • 依頼内容、依頼状況(混み具合)、体制等により、希望する納期に間に合わない場合があります。加工委託の相談は、なるべく早めにご相談ください。
  • 相談時に必ず納期を確認の上、依頼するようにして下さい。
  • 技術相談、施設利用時の指導等が優先されるので、納期がずれ込む可能性があります。

各種申請について

研究員の利用、出張講義、授業での利用、多目的スペースの申請などは各種申請をご覧ください。

利用・その他

利用時の注意:
施設を利用するにあたって、守るべき事項を運営要領から抜粋・要約しました。

  1. 許可された利⽤⽬的・内容以外に利⽤しないこと。
  2. 利⽤時間を厳守すること。
  3. 「安全の⼿引き」に従って、安全に細⼼の注意を払って利⽤すること。
  4. 設備、備品等を破損させた場合は、運営スタッフに報告すること。
  5. 利⽤後は、清掃および整理整頓すること。
  6. 運営スタッフの指示に従うこと。
  7. 遅刻および⽋席をする場合は、必ず事前に連絡をすること。
  8. 作業服、防護具等をきちんと着用すること。
  9. センター内で飲食しないこと。

これらが守られない場合は、利用の取消および一定期間の利用停止等を課す場合があります。

詳細は、運営要領を熟読し利用するようにしてください。


軍事・武器・兵器に転用可能なもの、各種法令に違反する部品の加工・相談については原則としてお断りしております。

取り扱い消耗品・一覧

基本的な工具類はセンターにて用意しています。
設備・機材にて常設されている消耗品(工具類)は、各設備機材のページに記載してあります。
その他の消耗品に属する工具、部材は利用者にて準備していただく必要があります。
例)
・紙やすり
・ネジ、釘等の締結部材
・加工に必要な素材、治具を製作するための素材
・超小型マシニングセンタ / 3Dモデリングマシン / 木工CNCルーターにて使用する、エンドミル類